船井総合研究所 工場ロボット・IoTドットコム

このような方におすすめ

●工場のAI化デジタル化最新事例を知りたい

●属人業務、職人業務を標準化したい

●既存業務を省力化、省人化したい

目次

1.はじめに

2.工場のAI活用事例

3.工場のデジタル活用事例

収録内容

「AIやデジタルツールなどを使うことで、工場内のどのような課題を解決できるのか?」
「工場のDX(デジタルトランスフォーメーション)に関して、具体的な事例を知りたい」

本レポートでは、「工場のAI・デジタル化」にテーマを絞った上で、各種事例をご紹介いたします。

【事例①】AI活用を通じて「見積もり業務の標準化・脱属人化」を推進

【事例②】AIを活用した「類似案件検索システム」の確立

【事例③】AIを活用した外観検査体制の構築

【事例④】現場に散乱していた生産日報・日常点検表等のペーパーレス化を実現

【事例⑤】メンテナンス事業の案件情報一元管理

【事例⑥】営業担当者のワンストップ簡易設計システムの構築

【事例⑦】クラウドIoTによる設備の故障予知

本レポートを読む「メリット」

【皆様の事業において、以下のような業務はありませんか?】

●人的依存の高い業務

●属人的な業務

●手作業が多い業務

●一部の社員に偏っている業務

●高付加価値な業務

●経験と勘を要する業務

●分析を通じてもっと品質改善&現場改善したい業務

●以上を標準化・パッケージ化して誰でも出来るように継承したい業務

以上のような業務改善の具体的事例が見つかります!
その他、気になることをお気軽にご相談くださいませ。

よくあるご相談

  • AI・デジタル活用したいがやり方が分からない
  • DXを進めたいが何をしていいか分からない
  • AIを使ってみたいが活用方法が分からない
  • 人による目視検査に工数が掛かり過ぎている
  • 外観検査にAIを活用したい
  • 現場の帳票類が紙ベースで管理できていない
  • 現場ごとにそれぞれの帳票があり統一できない
  • 生産管理をエクセルで運用しており属人化している
  • 生産計画の作成に工数が掛かっている
  • 製品個別の原価管理ができていない
  • 製造現場の進捗を見える化したい
  • 見積もり作成に時間がかかっている
  • 見積もり業務が属人化している
  • 見積もりの作成にAIを使ってみたい
  • AI・デジタル活用は難しいと断られたことがある
  • 多品種少量生産の工場でも導入可能かどうかを知りたい
  • 他社の導入事例の詳細について聞きたい
  • AI・デジタルI活用について相談できる所が見つからない

-資料をダウンロードいただきましたみなさまへの特別特典-

【無料オンライン相談】
無料オンライン相談とは弊社の「ロボット」「AI」「生産管理システム」専門コンサルタントがオンラインで

「多品種少量生産対応ロボット導入」
「属人業務のAI化・デジタル化」
「生産管理・原価管理システム(システム一元化)」


等の活用について無料で診断、ご提案するサービスです。
オンラインのため全国どの場所からでも相談可能です。
ぜひお気軽にお申し込みください。

【中堅・中小製造業 経営者様向け】“工場のAI・デジタル化” 最新事例解説レポート 無料ダウンロードのお申込み
船井 太郎
ふない たろう
株式会社 船井総合研究所
00-0123-4567
入力例:100-0005
東京都千代田区丸の内1-6-6
入力例:foo@example.com
【特典】オンライン無料相談必須
弊社コンサルタントより、AI化・ロボット化に関する貴社の様々な課題に対して、ご提案や情報提供をさせていただいております。
関連するセミナーに必須
個人情報保護方針新しいウィンドウが開きます必須
※ お申し込みの前に、株式会社船井総合研究所のプライバシーポリシーをご確認のうえ、ご同意いただきますようお願い申し上げます。
※ お申し込みいただいた方には、無料メールマガジン「工場AI・ロボット.com」と「船井総研のお知らせメール」を代理登録させていただきます。
※ このフォームからのデータ送信は、SSLにより保護されています。