船井総合研究所 工場省エネ対策ドットコム

こんなお悩みのある方は是非ご覧ください。

  • check 現場の生産性を向上させたいと考えている
  • check 工事会社独自のデジタル化の必要性を感じているが手法がわからない
  • check 目の前の工事に必死で適切な振り返りができていない
  • check 現場監督の業務を増やさず、より利益に直結する会議を行いたい
  • check 今までの実績を蓄積し、将来に生かすことに取組みたい

<収録内容>
これからの工事会社は生産性に拘っていかなければなりません。取組が進む企業は同じ工事でも利益を出して納めることができ、一方で取組めていない企業は採算ギリギリになってしまう場合も。
工事会社の生産性を上げる為に最も重要なポイントとなるのは「工事現場の利益を生み出す為の改善」です。しかし、日々の忙しさから後手になってしまい、結局何から取り組めばよいのか見えていないというのが実情ではないでしょうか。 本レポートでは、そのような工事会社様を対象に、現場改善の為の5つの指標と、どのようにしてそれらデータを集めていくのか、その成功企業の取組についてご紹介します。


<目次>
  • ・工事会社が生産性向上に拘るべき理由
  • ・生産性向上の為に明確にすべき5つの視点

    1)「経理側からの進捗管理」から「現場に即した進捗管理」
    2)遅延現場の早期発見&改善施策実施
    3)工事標準工程と標準原価の明確化
    4)工程改善&標準原価改善による原価低減
    5)現場監督×工事現場別の生産性の明確化

  • ・工事現場管理にこそクラウド化を!

本レポートを読む「メリット」

  • ● 早急に生産性向上に取り組むべき理由がわかる
  • ● 工事現場改善について何から取り組むべきなのかがわかる
  • ● 取り組みによってどのような成果を目指すべきなのかがわかる
  • ● 具体的に何から取り組むべきなのかがわかる
現場の生産性向上の7つの秘訣【無料レポート進呈】
入力例:0312345678
入力例:foo@example.com
【ダウンロード特典】必須
今回、資料をダウンロード頂いた方限定で、今後、弊社から電気工事・設備工事業界に関する「最新ノウハウ」や「事例レポート」といった戦略づくりを考える上で有益な情報を定期的にご案内をさせて頂きます。
ご希望されますでしょうか。
個人情報保護方針新しいウィンドウが開きます必須
  • ※ お申し込みいただく前に、株式会社 船井総合研究所のプライバシーポリシーをご覧いただき、ご同意の上、お申し込みくださいますようお願い申し上げます。
  • ※ お申し込みいただいた方には、無料メールマガジン「【船井総研】建設・電気設備工事業 業績アップメルマガ」と「船井総研のお知らせメール」を代理登録させていただきます。登録完了次第、船井総研から登録完了メールが自動配信されますので、ご確認ください。
  • ※ このフォームからのデータ通信は、SSLにより保護されています。
  • ※ なお、こちらのフォームからのセールス・勧誘等は固くお断りいたします。送信いただいても対応いたしかねます。