自社はできてる?インバウンド強化の時代に実施しておきたい 『受入れ体制チェックリスト50』


2020年には4,000万人を目標にするなど、ますます盛り上がりを見せる訪日観光客。
首都圏だけでなく、地方においても少しずつその影響が出始めています。

そうしたインバウンド強化時代において、
より訪日観光客にとって予約しやすい・滞在しやすい宿泊施設になるためには、
どうした対応をとればいいのか?
これからインバウンド対策を実施する宿泊施設様・取り組んではいるけれども何が正解かを迷ってる施設様に必見の、
今すぐ実施すべき事項がまとめられたチェックリスト50を外国人コンサルタントが独自の目線と傾向からまとめ上げています。

このような方におすすめ

これからインバウンド集客を強化したい

海外からのお客様が増えてきているが、どうした対応をとればいいか分からない。

閑散期の集客強化として、訪日観光客を取り込んでいきたい



本レポートを読む「メリット」

これから取り組むべきインバウンド対応のいろはの理解

今すぐできるインバウンド対策の実施事項が分かる

予約率向上から滞在満足度向上まで、幅広く理解・整理が可能

DL用レポートの目次

インバウンド情報収集のためのチェックリスト?

食事対応のためのチェックリスト

客室投資無しでも業績をあげるための3つの施策

体験コンテンツのためのチェックリスト

多言語ページのためのチェックリスト

海外OTA活用のためのチェックリスト

多言語対応のためのチェックリスト

多言語表記のためのチェックリスト

キャッシュレス化対応のためのチェックリスト



【ホテル旅館経営.com】自社はできてる?インバウンド強化の時代に実施しておきたい『受入れ体制チェックリスト50』

入力例:0312345678

入力例:foo@example.com

【ダウンロード特典】 無料経営相談必須

個人情報保護方針新しいウィンドウが開きます必須

  • このフォームからのデータ送信は、SSLにより保護されています。