船井総合研究所|介護・障がいの経営コンサルティング

客単価と営業利益率UPする施設内訪問看護成功事例レポート
(サ高住・住宅型有料老人ホーム)


療業界、介護業界が再編される中、「医療サービスが必要な高齢者」の行き場が失いつつあるのが現状です。
その中で、住宅型有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅に求められるものの一つとして、「生涯をかけて住み続けることができる住まい」として、「医療対応サービスが付加された住まい」が求められてきております。
このような激しい市場の変化に対して、本レポートでご紹介させていただく「住宅型有料老人ホーム いわさき」は、「医療付加」に成功し、その地域に一つしかない介護施設を展開しております。
今回はその成功事例を余す所なくレポートとしてご紹介をさせて頂けることになりましたので、皆様の悩みを解決できる機会になれば幸いです。

このような方におすすめ (*効果には個人差がございます)

施設は満床なのに赤字or収益が出ない

幹部スタッフにこれからの経営計画を伝えられるようにしたい

入院する利用者が多く、施設運営が不安



本レポートを読む「メリット」(*効果には個人差がございます)

最近ホットになりつつある「医療から介護」というキーワード。
介護業界に身を置いている我々はそれに対応していくために、医療分野へのチャレンジが求められています。
しかしながら、介護から医療への挑戦は難易度がとても高いのも事実です。
今回、ご紹介するレポートではそんな介護から医療への挑戦を見事に果たした事例を掲載しております。
今以上に高いレベルのサービスを提供し、看取り対応ができる施設に進化していくために、このレポートを役立てていただければ幸いです。

DL用レポートの目次

なぜ今「医療付加」が必要なのか!?

89床のナーシングホーム経営

どの事業者でもできる!ナーシングホーム化を進めるための設計図

成功事例

【成功事例①】@大阪府のW社様

コンサルティング開始1年で5施設に訪問看護導入。各施設、延べ訪問件数が200件以上を達成。訪問看護の合計売上1000万円/月を達成し、収益率は常に20%以上をキープしている。

【成功事例②】@茨城県P社様

コンサルティング開始3ヵ月で、29名の利用者にサービス提供を開始し単黒を達成。現在は自法人以外の介護施設内でも積極的に訪問看護を提供し、着実に業績を伸ばしている。

【成功事例③】@宮城県T社様

機能訓練や認知症緩和のプログラムを取り入れた訪問看護を提供することで、施設の入居者の生活の質が向上。利用者から高い評価を頂いている。また、施設内の約半数の方がサービスを利用しているが、直近1年で入院する人数が激減している。


  ↓↓↓ 以下より無料で3万円相当のテキストをダウンロードできます ↓↓↓


客単価と営業利益率UPする 施設内 訪問看護成功事例レポート(サ高住・住宅型有料老人ホーム)

入力例:0312345678

入力例:foo@example.com

【特典】無料経営相談必須

無料メールマガジン配信新しいウィンドウが開きます必須

お申し込みいただきました方には、メールマガジン介護ビジネス通信(無料)を登録させていたきます。 *登録完了次第、船井総合研究所から登録完了メールが自動配信されます。

個人情報保護方針新しいウィンドウが開きます必須

  • このフォームからのデータ送信は、SSLにより保護されています。