補助金を活用した学童保育事業への参入


近年ニーズのある「民間学童」ですが、安易に参入してしまうと児童が集まらなかったり、児童の退会者数が増えてしまったりと開設後に問題を抱えるケースは少なくありません。本レポートでは安定した運営を行うためにも、補助金を活用した学童保育事業の参入をおすすめしています。参入する自治体の選定の仕方や要項(仕様書)の見るポイントなどを解説しています。

このような方におすすめ (*効果には個人差がございます)

学童事業に参入したいけれども、何から進めて良いか分からない。

保育園の次の事業展開を検討したい!

塾や習い事などの強いコンテンツを持っているわけではないが、保育園のノウハウを生かして参入していきたい!

民間学童(ネオ学童)とよく聞くようになったがそもそも学童業界の実態が良く分からない。



本レポートを読む「メリット」(*効果には個人差がございます)


多様化する小学生の放課後事業を分かりやすく整理してお伝えしています。一言に「学童」といっても様々な種類があるなかで、事業者が参入するならどのような形態が良いのか、実際の収支事例などを用いて分かりやすくお伝えしています。

DL用レポートの目次


放課後事業の種類

放課後児童クラブor民間学童?

補助金を活用した学童保育事業の種類

今後の事業展開の選択としての学童

参入のメリット

補助金の種類

収支事例

コンサルタント紹介


  ↓↓↓ 以下より無料で3万円相当のテキストをダウンロードできます ↓↓↓


無料レポートダウンロードのお申込みフォーム【保育】

入力例:0312345678

入力例:foo@example.com

ダウンロード特典!無料経営相談必須

個人情報保護方針新しいウィンドウが開きます必須

【メールマガジン登録について】
お申し込みいただきました方には、メールマガジン「船井総研発: 新時代保育園・こども園・幼稚園経営メルマガ」(無料)を代理登録させていたきます。
*代理登録完了次第、船井総合研究所から登録完了メールが自動配信されますので、ご確認ください。

  • このフォームからのデータ送信は、SSLにより保護されています。
/* */