【改訂版】補助金を活用した学童保育事業の展開

近年ニーズのある「民間学童」ですが、FCなどで安易に参入してしまうと児童が集まらず、開設後に問題を抱えてしまい撤退してしまうというケースは少なくありません。
本レポートでは安定した運営を行うためにも、補助金を活用した学童保育事業の参入をおすすめしています。
参入するエリアの選定の仕方や参入するために実践していただきたいことなどを解説しています。

このような方におすすめ (*効果には個人差がございます)

異業種から学童事業に参入したいけれども、何から進めて良いか分からない。

新型コロナウィルスのような有事の事態であっても安定した収入を得られる事業を検討したい!

塾や習い事などの強いコンテンツを持っているわけではないが、保育園のノウハウを生かして参入していきたい!

民間学童(ネオ学童)とよく聞くようになったがそもそも学童業界の実態が良く分からない。

本レポートを読む「メリット」(*効果には個人差がございます)

他の保育事業と比べて参入障壁が低い学童保育事業ですが、法人様にあった事業展開について解説しています。
また、参入するならどのような形態が良いのか、実際の収支事例などを用いて分かりやすくお伝えしています。

DL用レポートの目次

  1. 次の事業展開の選択肢として検討されている皆様へ
  2. 学童保育事業への参入をおすすめする理由
  3. 参入するならどの放課後児童クラブ?
  4. 採算の取れる事業にするためには?
  5. 参入を成功させるためのポイント!
  6. 学童保育事業へ参入するなら今!

  ↓↓↓ 以下より無料でテキストをダウンロードできます ↓↓↓


補助金を活用した学童保育事業への参入

入力例:0312345678

入力例:foo@example.com

ダウンロード特典!無料経営相談必須

個人情報保護方針新しいウィンドウが開きます必須

【メールマガジン登録について】
お申し込みいただきました方には、メールマガジン「船井総研発: 新時代保育園・こども園・幼稚園経営メルマガ」(無料)を代理登録させていたきます。
*代理登録完了次第、船井総合研究所から登録完了メールが自動配信されますので、ご確認ください。

  • このフォームからのデータ送信は、SSLにより保護されています。
/* */