動物病院 経営コンサルティングで評判多数|船井総合研究所 – 動物病院の経営のことなら船井総合研究所までご相談ください。科目別、テーマ別で専門性を極めたプロフェッショナル集団があなたをサポートします。

飼い主満足度を下げずに獣医師一人で1時間に4人診察するための業務改善


特に忙しい動物病院ほど、業務改善を行わないとスタッフが定着していきません。 結果的にスタッフは疲弊し、スタッフの入れ替わりが激しい病院になってしまいます。 そういった事態をできるだけ避けるためにも、業務改善に着手されることをオススメいたします。

このような方におすすめ

待ち時間が長いと飼い主様からよく指摘がある

院長である自分のプライベートの時間をある程度確保したい

看護師にできるだけ仕事をふりたい

本レポートを読む「メリット」

スタッフが不満を持たない形で業務改善を行うノウハウを掲載しております。

院長先生一人だけで行うのではなく、他のスタッフを巻き込んで顧客満足度をあげましょう。

お客様の声

A動物病院 院長

業務改善のレポート内容を取り組むことで、 スタッフの離職者が3年連続2人でていた動物病院でも2年連続離職者0人。 スタッフも定着し、飼い主満足度も向上し、紹介による来院件数も増加している。

DL用レポートの目次

業務改善をする際に知っておくべき考え方

診療を効率化する際の基準となる数値について

業務改善をする際のポイント

診療の待ち時間でのクレームを減らす事例

最後に

  ↓↓↓ 以下より無料で3万円相当のテキストをダウンロードできます ↓↓↓


飼い主満足度を下げずに獣医師一人で1時間に4人診察するための業務改善 【05】

入力例:foo@example.com

入力例:0312345678

【ダウンロード特典1】無料経営相談必須

【ダウンロード特典2】動物病院経営研究会無料ご招待必須

【メールマガジン登録について】 お申し込みいただきました方には、メールマガジン「ペットビジネス活性化メールマガジン」(無料)を代理登録させていたきます。

個人情報保護方針新しいウィンドウが開きます必須

  • このフォームからのデータ送信は、SSLにより保護されています。

Copyright © 動物病院経営.com All Rights Reserved.