株式会社船井総合研究所

このような方におすすめ

  • 第二の事業の柱を立てたい
  • 従業員を惹きつけるビジョンを立てたい
  • 既存事業の市場縮小不安を消したい
  • 売上倍増計画を立てたい

目次

  1. 2021年・新規事業参入状況の振り返り
  2. 【新規事業・時流予測①】:トレンド新規事業案ご紹介
  3. 【新規事業・時流予測②】:地域密着シナジー・追求型の参入
  4. 【新常識】新規事業・検討~参入までの"ベストプロセス"
  5. 【推奨】新規事業参入を考える企業が、2022年1月に行うべきこと

レポートの内容

2021年はおそらく、日本の高度経済成長期以来最も「新規事業参入」が相次いだ年といっても、過言ではないのでしょうか。
その理由は「①人口減少トレンドによる既存事業のみでの事業成長苦戦」「②コロナによる業界の転換」「③事業再構築補助金」にあります。①②③がかけ合わさった結果、2022年は、日本全国で数千・数万の中小企業にて新規事業が立ち上がっていくことが想定されます。
まさに「空前絶後の異業種・新規事業参入ラッシュ」と言えますが、このような「大きな市場の転換期」は、市場への後発参入組みでもスムーズに波にのることができるチャンスも隠れています。
本レポートでは、2022年以降成長していく可能性が高い新規事業案、及び中小企業としてどのような戦略をもって新規事業に参入していくべきか?について、レポートしております。2022年に確実にくる「新規事業参入ラッシュ」の波をとらえたい方は、是非ご活用下さい。

このレポートを読むメリット

■2022年に、日本全国でどのような事業が急増していくのかがわかります(10の事業案をご紹介します)
■新規事業に参入していく際に、どのような事業の組み合わせを採るべきか?ポイントが学べます
■新規事業立ち上げの成功確率を上げるためのポイントとして、これまでの常識と、これからの新常識の違い及びその理由が学べます
■いち早く新規事業に参入したい方に向けて、2022年の1月中に実施しておくべきことが何か、学べます

船井総研お薦め! 無料レポート ダウンロード
↑項目にレポート名が表示されていない場合はブラウザの更新ボタン(windowsの場合はキーボードのF5キーを押す等)でページを更新してください。
(正しく記入してください)

メールマガジンについて必須
本レポートに関連する業種やテーマで、最新のレポートや経営に役立つ情報をメールマガジンで送付させていただきます。
本レポートに関連するメールマガジンの購読への同意が条件となります。
無料経営相談について必須

無料経営相談とは?

弊社コンサルタントへの経営相談を無料でご利用いただけるサービスです。興味がある、あるいは相談してみたいテーマについて、その分野に特化したコンサルタントが対応させていただきます。

また、オンラインによる相談もお受けしております。カメラ付きパソコンまたはタブレット、スマートフォンのいずれかをお持ちであれば特別な機材は必要ありません。

※当日は60分程度お時間をいただきます。
※日時については、追って調整させていただきます。

例)080-1234-5678
ダウンロードについて必須
以下の行為を禁じます。
・コンサルティング業界、調査会社等に所属されている方のダウンロード
・大量のレポートダウンロード
個人情報保護方針新しいウィンドウが開きます必須
このレポートダウンロードをどこで知りましたか?必須
・フォームに必要事項を記入し、確認ボタンを押してください。
・このフォームからのデータ送信は、SSLにより保護されています。


ホームへ戻る