本セミナーで学べるポイント

本業消失の危機を「デジタルR&D戦略」で乗り越える秘訣とは?
価格競争事業から高付加価値事業へのシフトを成功させた経営者が語る、「ここでしか聞けない」生事例・ノウハウを公開

「営業利益率50%」を達成する会社が実践している戦略とは?
「働き方改革」「不況対策」で抜本的に見直すべき御社のオペレーションとデジタルシフトを緊急提言

現在のリソースだけで新規事業・R&Dを高収益に導く「7つのステップ」とは?
生産財メーカーが利益率を5倍に高めた事例、受託型製造業がR&Dによって高収益化した事例に裏打ちされた「7つのステップ」をご紹介

WEBからの
お申し込みはコチラ

成功事例

【1】産業用計測器メーカーN社

新規事業であった工場マーケット向け計測器事業が4年でシェア2倍!新製品投入数3倍!

【2】食品用添加剤メーカーC社

導入後3年間で、営業人員を増やすことなく、取引先500社が1500社に!

【3】産業用紙袋メーカーS社

業界はマイナス成長だが、1億円の増収につながる新製品開発を行うことが可能に!

このような方にオススメ

  • 売れる製品開発・新サービス開発につながる様な市場ニーズを継続的に獲得したい方
  • 新たな新規事業を計画しているが、その成功可能性を事前に検証したい方
  • 自社の営業部門は、製品開発につながる様な市場ニーズを集めれていないと感じている方
  • 自社の新たな技術・製品を市場に訴求したいが、市場がニッチなのでうまくいかない方
  • 今は良いが、この先の産業構造の変化に備えて、今から手を打っておきたい方

セミナーの詳細

新規事業・R&Dデジタルシフトセミナー
(セミナー番号:S039189)

日程◆【東京】2019年3月14日(木)
時間◆13:00~(受付開始12:30~)
場所◆船井総合研究所 東京本社
料金◆一般企業:30,000円 (税込 32,400円)/1名様
   会員企業:24,000円 (税込 25,900円)/1名様
※ご入金の際は、税込金額でのお振り込みをお願い致します。
※会員企業様とはFUNAIメンバーズPlus各業種別研究会にご入会中の企業様です。

お振込先について◆
三井住友銀行(0009)近畿第一支店(974)普通預金 口座番号:5785423
受取人名:カ)フナイソウゴウケンキユウシヨ セミナーグチ
第1講座
13:00~13:20
はじめに:営業利益率50%の会社が実践するデジタルR&Dとは?
船井総合研究所 ものづくり・エネルギー支援部 上席コンサルタント 片山 和也
第2講座
13:20~14:30
本業消失の危機を乗り越えた!我が社のデジタルR&D戦略
株式会社日本マイクロMIMホールディングス 代表取締役 田中 茂雄 様(工学博士)
第3講座
14:45~15:50
R&Dのデジタルシフト成功事例と、その導入の具体的ステップ
船井総合研究所 ものづくり・エネルギー支援部 上席コンサルタント 片山 和也
船井総合研究所 ものづくり・エネルギー支援部  チームリーダー 小池 桃太郎
第4講座
16:00~16:30
本日のまとめ:経営者・経営幹部の皆様に今すぐ取組んでほしいこと
船井総合研究所 ものづくり・エネルギー支援部 上席コンサルタント 片山 和也

申し込みに関する問い合わせ◆時田
内容に関する問い合わせ◆橋本 吉弘
お問い合わせ電話番号:0120964000(平日09:30~17:30)

講師紹介

株式会社日本マイクロMIMホールディングス 代表取締役
田中 茂雄 様 (工学博士)

金属射出成形(MIM:Metal Injection Molding)の分野で、日本を代表するサプライヤー。国内に2カ所、製造拠点と研究拠点を有し、タイに現地法人、ドイツに駐在員事務所を置く。同社の開発したμ-MIM(マイクロミム)は、従来の金属射出成形では量産が困難な精度レベルを実現、切削加工からMIMへの工法転換提案により、劇的なコストダウンをもたらしている。そんな同社も元々の手掛けていた事業は、耐久消費財の樹脂射出成形であった。90年代以降、新興国との価格競争に巻き込まれる様になり年々収益性が悪化する事業局面となる。そこで、従来事業の強みを活かした新規事業ということでMIM事業をスタート。デジタルマーケティグの技術を活用しながら市場のニーズを把握、R&Dを継続的に行い「売れる技術」を開発し事業化に成功、現在に至る。

株式会社船井総合研究所 ものづくり・エネルギー支援部 上席コンサルタント
片山 和也

工業高校・工業大学機械工学科を卒業後、大手専門商社の工作機械部門にてトップクラスの実績をあげる。船井総研入社後は一貫して生産財分野のコンサルティングに従事、成果を出し続ける。通算20年以上にわたり機械業界に携わっており、技術とマーケティングの両面を理解する超エキスパートとして、同分野では船井総研の第一人者である。「中小企業は国内で勝ち残れ!」をポリシーとして、国内製造業の空洞化に歯止めをかけるコンサルティングを展開している。機械工具商社経営部会・部品加工業経営部会を主催。主な著書に「技術のある会社がなぜか儲からない本当の理由」(中経出版)他
経済産業省
登録中小企業診断士。岡山県出身。

株式会社船井総合研究所 ものづくり・エネルギー支援部
小池 桃太郎

東京大学大学院 新領域創成科学研究科修了。大手総合電機メーカーで回路技術者を経験した後、商品企画として主に新規事業の立ち上げに携わる。船井総研入社後はメーカー支援に特化し、メーカー独自の“創る側”の視点に立ったコンサルティング業務を心がけている。製品一つ一つの原理と特長を理解した上での営業効率の向上、新規業界への参入支援に注力している。

3月14日(木)
お申し込みはコチラ

その他のセミナー情報をお知りになりたい方へ

メルマガ登録 イメージ

船井総研「製造業」経営レポート メルマガでは最新の業界情報に加え、船井総合研究所にて開催される人気セミナー情報についても配信しております。これを機にぜひ無料購読いただきますよう、お願いいたします。

WEBからのお申し込みはコチラ
お電話でのお問い合わせ